読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの文章訓練所

野球とか声優とか動画サイトとか色々なことに感じ考え思うこと

【ヤクルトファンより】横浜DeNAベイスターズ、CS進出おめでとう!

スポーツ 野球

僕がヤクルトの初のCS進出決定を見届けたのは2009年の神宮球場でのことだった。

大一番、神宮球場での4位阪神との二連戦。こちらの先発は館山・石川の二本柱。第一戦を観戦して勝利を見届け、いざ第二戦!この試合に勝てばヤクルト初のCS進出が決まる。

この試合で一番覚えているのは、石川が終盤に満塁のピンチを迎えた場面。相手バッターは4番金本。ライトスタンドで固唾を呑んで見守る僕は、「怖いけど…今年の金本微妙だしどうにかなるはず!」と信じていた。その結果はキャッチャーフライ。隣の友人と、ビール売り子のお姉さんと、知らない周りの観客と、手あたり次第ハイタッチしたのを覚えている。

 

おそらく今日の横浜スタジアムでも似たような光景が繰り広げられたことだろう。苦しみ続けたチームが初のCS進出。泣いた人だって大勢いたと思う。

特にTBS時代からのファンには敬意を表する。チームは毎年のようにダントツの最下位が定位置。出ていく選手には後ろ足で泥をかけられる。ネットなどではネタにされる存在。(正直僕もネタにしてたと思う。ごめん。)そんな状況で応援し続けた人はファンの鑑だ。

2011年、親会社がDeNAに変わって横浜は生まれ変わった。引継ぎ資料などほとんど残っていない中、一から球団を育て上げ、選手補強にもファンサービスにも力を入れた。結果、魅力ある球団のためにファンは球場に足を運んだ。毎年この時期になると球場には閑古鳥が鳴いていたが今はチケットを取ることすら難しい。

そして今日、球団の努力が一つ実を結んだ。

 

たかがAクラスだとか、借金持ちの3位(まだわからないけどね)だとかケチを付ける人もいるだろう。だが順位は順位だ。今年の横浜が他3球団より強かったことは事実だし、何よりチームからもらった感動は他と比較できるものではない。2009年のヤクルトも借金1での3位だったが、いまだに僕の中でその思い出は色あせない。

 

横浜DeNAベイスターズへ、素直におめでとう。

 

高畑淳子に優しい人はこの親子に感情移入している

時事ネタ

少し旬を過ぎた感はあるが、高畑親子の話。

ワイドショーなどでは、高畑裕太の母親である高畑淳子の謝罪会見は必要だったのかと話題になっている。

「お母さんが謝る必要ないのに」

と言う人もいるが、むしろ高畑淳子側にとって必要だからこそ会見を開いたのだと思う。

この先高畑裕太が芸能界に復帰するのはかなり難しい。ゆえにこれから息子の面倒を見ていくのであれば、母親は芸能界から干されるわけにはいかない。そのためにはこのまま沈黙して気を遣われるよりも、「息子のために涙する健気な母親像」をアピールしておくほうが得策だ。

実際あの会見を見て高畑淳子に同情している視聴者が大勢いる以上、この作戦は成功したと言えるのかもしれない。

 

ただ、これは被害者の感情を無視した行動だと言わざるを得ない。想像してほしい。自分を襲った犯罪者の母親がなぜか世間の同情を集めているのだ。被害者にとっては耐え難い苦痛だろう。

あの会見自体が被害者のためのものではないと言ってしまえばそれまでだが、被害者感情を無視した判断だったと僕は思う。

 

「高畑裕太はすでに成人しているのだから母親が謝る必要なんてない」

といった意見もよく聞く。

先述したようにあの会見は高畑淳子自身のための会見なわけだが、それを差し置いても母子家庭で育った弱冠22歳の息子の重犯罪に母親の責任がないはずがない。子の人格形成に最も影響を与えるのが親なのは言うまでもないし、母親の力で芸能界に入ったというおまけ付きだ。

本人が成人しているか否かは母親の責任の有無には関係がない。子の年齢によって親の責任が薄くなることはあっても、その全てがなくなることはないのだ。

 

「息子さんの性的嗜好についておかしいと思ったことはないですか?」

という記者の質問についても批判があるようだが、今回の事件に繋がるような出来事が過去にあったかを聞いただけであり、質問がおかしいとは全く思わない。むしろ最も聞かなければならない質問の一つだ。

ただもっと言えば、性的嗜好だけではなく「人の嫌がることをしてはいけない」という教育をちゃんとしたかも聞いてほしかった。そういう性的嗜好を持っている人の中でも、実際に強姦をする人はほんの一部。親の教育によって防げた事件だったかもしれないからだ。

 

そもそもこの状況で会見を開くなら厳しい質問が飛んで当然だ。それが嫌なら会見自体開くべきではないし、弁護士など代理人に頼むという選択肢もある。「犯罪者の母親という立場を慮った質問をしなさい」などという、加害者側に都合のいい話はない。高畑淳子は会見に際してその覚悟をしてきたのだと思うが、どうやらこの国には犯罪者の母親に優しい人間が多いらしい。

 

高畑淳子に優しい人はこの親子に感情移入している

高畑淳子に優しい人間は、無意識に高畑裕太に感情移入して高畑淳子に自分の母親を重ねている人が多いのだと思う。そして「もし自分が罪を犯しても母親には責任を感じてほしくない。自分の犯罪はすべて自分の責任であり母親の育て方には一切問題はなかった。」という認識が強い。

この考え自体は立派だが、これを高畑親子にも当てはめるのは間違いだ。自分の親の教育に問題がなくても、高畑淳子の教育に問題がなかったかはわからないのだから。

 

また、子供がいる親が高畑淳子に感情移入しているケースも考えられる。この場合は、「自分の子育てには問題はない。だから子供が犯罪を犯しても私に責任は一切ない。」といったところだろうか。

こちらの考えはどうかと思うが、いずれにせよ高畑親子に当てはめてはいけない。理由はもう一方のケースと同じだ。

 

往々にして、子は母親のことが好きなものだ。だから母親を擁護するような意見は人々に受け入れられやすい。高畑淳子をまるで被害者かのように扱う人までいる。

この件で高畑裕太に一番の責任があることは当然だが、会見での涙を見ただけで高畑淳子を擁護する人からは危険な匂いを感じる。情に流されているだけならまだいいが、安易にそのような意見を発信する風見鶏コメンテーターを、僕は警戒したい。

 

細い橋を渡る動画投稿者たち

インターネット 動画サイト

最近、このブログにアフィリエイトを導入する方法を調べている。もちろん今の閲覧数じゃあ小遣い程度も稼げないことはわかっているが、まずはどういうものか体感してみたくてね。まぁもう少し記事が増えたら申請してみますわ。

 

そこで思うのは、YouTubeやニコニコへの動画投稿で暮らしてる人って結構細い橋を渡ってるよなあってこと。

ブログで例えるなら、はてなブログ内で書いた記事からの広告収入で暮らしてるようなもの。はてなブログ自体には収益化プログラムはない(と思う)からそこは違うけど。

 

実際、YouTubeから一方的に還元率をいじったりしてるし、そもそも動画を消すことだって自由にできるんだから、いつ生活ができなくなってもおかしくはない。

だからこそサイトに縛られない食い扶持として、事務所作ったり有料イベント開催したりグッズ売ったりするんだろうなあ。あとコネも沢山作ってそう。

 

てことは動画が好調な時でも常に不安があるってことだ。

タレントが事務所に入る理由って面倒な雑務を任せられるからってのが大きいんだろうけど、それだけじゃなくて心の拠り所が欲しいからっていうのもありそうだよね。

学校なんてクソ食らえ!会社なんてクソ食らえ!って言ってもさ、一人で生きていくのって大変だもんなあ。

スカッとジャパンでスカッとできる女性が嫌い

雑記 テレビ

僕はフジテレビの痛快TVスカッとジャパンという番組が嫌いだ。じゃあ見なければいいじゃんと言われそうだが、もちろんそうしている。それどころかあの番組を最初から最後まで通して見たことは一度もない。

嫌いな理由を挙げればキリがないが、一番大きいのは根本の部分。スカッとできないという所だ。

 

番組のつくりとしては、スタジオの出演者がミニドラマを見て感想を言うだけの単純なもの。このドラマの展開は大体が「主人公の身近にムカつくやつがいて、何か事件が起こり、そいつが罰を受ける。」というものだ。

 

この罰の受け方に僕は違和感を覚える。突然イケメンが出てきてムカつくぶりっ子を罵倒するとか、誰かが嫌な上司の不正を告発するとか、「スカッと」を他人が作ることが多い。

僕ならば、自分が直接手を下すほうがずっとスカッとする。それが他人によるものでは、ざまあみろとは思ってもあまりスカッとはしない。むしろ、解決を人の手に任せてしまったという自己嫌悪が芽生えてしまうくらいだ。

 

男性の代表面をするつもりはないが、女性はこういう展開が好きなんだろうか。

突然現れたイケメンが助けてくれるのは白馬に乗った王子様願望っぽいし、自分ではなく誰かが告発してくれるのも含めて、他力本願の意識の表れなのかなと考えてしまう。

 

 

それとは別に、ムカつく奴にただ恥をかかせてスカッと!みたいな展開にも辟易とする。関係のない部分で恥をかかせて勝ち誇れる、その気持ちがわからない。本人に何が悪かったか理解させないことには、そいつは自分の行いを反省しないじゃないか。そんなのは勝ちでもなんでもない。ただの陰湿な仕返しだ。

こんな陰湿なミニドラマを見てスカッとしているスタジオの出演者とテレビの前の視聴者にも、イジメっ子のような陰湿さを感じるのだ。

 

 

以上、嫌いな理由を自分なりに分析して書き上げたが、出演者だけを目当てに見ている人はこれには当てはまらないのでご安心を。

「番組を見てスカッとしている女性」という想像上の人物を批判している僕もまぁまぁ歪んでいるであろうことはこの際棚に上げておこう。

 

ゴルスタの機能をいまさら紹介する

時事ネタ インターネット

先日いろいろあってサービス終了した中高生限定SNSアプリ「ゴルスタ」。

一体どんなアプリだったのか、浅い知識で説明します。終了した今、需要があるのかわかりませんが。

問題点などは多くの人たちが語っているのであえて触れません。

 

メニュー画面

f:id:kakashigoto:20160907225551p:plain f:id:kakashigoto:20160907221751p:plain

アプリを開くと自分がファン登録している人のつぶやきが表示されます。左下のボタンをタップするとメニューが開きます。

以下、各機能を説明していきます。

続きを読む

カブキンの動画からクイズアプリの話になった

インターネット 動画サイト

一昨日YouTuberのカブキンがアップした動画を見た。

糞アプリ「水素水メーカー」がヤバすぎる - YouTube

内容は、水素水メーカーという詐欺アプリで水素水を作って飲もうというもの。ネットで話題の物事に飛びつくのはYouTuberの性である。別に批判しているわけではない。

そして考えてみるとこの動画、みんなが得しているのだ。
アプリ製作者は単純にアプリの値段3000円(!)の売り上げ。
カブキンは動画のネタと、それによる広告収入を得られる。
視聴者はカブキンの動画を見られて嬉しい。
カブキンすげー!

というようなことを脳内で考えてブログに書こうと思ったところで、みんなが得するなんて、この動画に限らず大体の動画に言えることだと気づいた。

こんなよくわからない文章書きたくないよ!書いちゃったけどさ!

 

そういえば最近こんな動画も投稿されている。ワタナベマホトって人だけ事務所違うみたいだけどまぁ時々あるよね、こうやって被ること。

勝手にヒカキンクイズアプリが出てる!怒ったから100点とってやんよ! - YouTube

誰だ勝手にはじめしゃちょークイズ作ったのは!!! - YouTube

俺のクイズアプリが勝手に出されてるんだけどwwwww - YouTube

勝手にPDSクイズアプリが出てました!!(´・_・`) PDS - YouTube

無許可でリリースされたクイズゲームに追い込まれる!ぐっちのマル秘クイズの出題に物申す!! - YouTube

内容は、勝手に作られた本人に関するクイズアプリの実況動画。

無料アプリゆえYouTuber側は金銭的には得しかしないので、潰さずに利用するのは上手い手だなあと。もちろん、アプリ内の情報が間違っていないことが前提だろうけど。

ただ、この手段はアプリの製作者にもお金が入るので太っ腹といえば太っ腹。YouTuberならではの平和的な復讐方法ですな。

でもまさかこの動画たち、マッチポンプだったりはしない…よね?

 

カズさんがたまーに投稿する偽物報告動画も、ついでに利用してしまえ!ってな感じ。

カズさんの偽アカウント探してみた結果www - YouTube

ちなみに僕、YouTuberの中で瀬戸弘司の次にカズさんが好きです。お子さんが無事に生まれてきますように…。

 

最後に、水素水アプリ動画を見て「こんな便利なアプリが!」と騙される人がいないことを祈る。でも正直に言うと、水素水狂いの若い女が騙されたとかだったら「ざまあwww」って思うだろうな。お年寄りなら同情する。

さすがにこれは…ってものにも騙される人っていたりするから面白いよね。

 

以上、結局何が言いたいのかよくわからない文章でした!