読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくの文章訓練所

野球とか声優とか動画サイトとか色々なことに感じ考え思うこと

花澤香菜と小野賢章と神谷浩史と阿澄佳奈

週刊文春デジタルでの交際報道を受け、小野賢章さんは自身のブログ、花澤香菜さんはAbemaTVの番組内で交際を認めた。

本題の前に、よく言われることだが、そもそも週刊誌などが行うストーカー行為は許されるものではない。政治や社会問題の報道なら意義があるが、個人間の熱愛・不倫報道においてはただの人権侵害でしかない。芸能の話題ならば日本レコード大賞の買収のような公共性の高い話題や薬物使用などの犯罪行為に限るべきだ。

 

さて、この報道でおそらくかなりの反響を期待していたはずの文春だが、ネットを見渡しても両者を叩いているファンの姿はほとんど見られない。2010年あたりの花澤さんならいざ知らず、すっかり人気も活動も安定した今では燃え上がる要素が特にないとはいえ、何にせよ20代後半の男女の交際を叩くような流れにならなくて安心した。(僕は小野賢章のことは名前しか知らないが、)声優同士の交際だったこともファンにとっては安心感があったのだろう。

 

ただこの間の神谷浩史の既婚子持ち報道のように、結婚を隠すのは別だ。叩かれるべきだとすら思っている。声優の緒方恵美Twitterでアニメ関係者の的外れな擁護をリツイートしていたが、芸能人が結婚を隠していたら叩かれて然るべきだ。

ラジオなどでプライベートの話題を話す機会の多い人ならば、結婚についてだけ黙っていることは隠していることとほぼ同義。隠す理由の大部分はタレントイメージの維持などの金銭絡みであるため、隠すことにより大きな利益を得られている。要はファンからお金を引っ張るために黙っているわけで、不快に思う人が大勢いるのは当然だ。

もちろん、公表も隠蔽も本人や事務所の判断次第であることもまた当然。発覚した場合のリスクと天秤にかけるわけだが、ここで隠蔽に舵を切る判断を僕個人としては悲しく思う。自身のライブや舞台などが終わる時期を待って公表する程度ならいいが、数年に渡って隠し続けるというのはファンへの想いの薄さが透けて見える。週刊誌が声優業界にも手を出し始めたことで正直に入籍を報告する声優が増えることを願う。

 

2014年1月に阿澄佳奈さんが入籍を報告した時、僕は彼女のファンで本当に良かったと思った。ただ、今も旦那さんの話を避けているのだけは少し歯がゆい。聞きたくないというファンへの配慮もあるだろうけど幸せそうに家庭の話をするあすみんを見たいというのもまっとうなファン心理だと思う。まぁもともと開けっ広げな人ではないから仕方ないのかな。お子さんのことなら話せるかもしれないのでその時を密かに楽しみにしておこう。

声優のキャラ付けも枯渇気味なので、今度は過去の恋愛遍歴や恋人とのエピソードを包み隠さず報告する声優なんて面白いかもしれない。ファンがつくかは疑問だけどね。

ニューダンガンロンパV3の感想を書いたら不満点が多くなってしまった

この記事はダンガンロンパシリーズのネタバレを含みます。

未プレイの方はご注意ください。

  • 僕とダンガンロンパシリーズ
  • キャラクターごとの評価 
    • 赤松楓
    • 東条斬美
    • 夢野秘密子
    • 春川魔姫
    • 茶柱転子
    • 白銀つむぎ
    • 夜長アンジー
    • 入間美兎
    • 最原終一
    • 百田解斗
    • 星竜馬
    • 天海蘭太郎
    • 獄原ゴン太
    • 王馬小吉
    • 真宮寺是清
    • キーボ
    • モノクマモノクマーズ
  • CHAPTER 6「さよならダンガンロンパ」の評価
  • 最後に
  • 思い出したことがあれば書き連ねていく追記

 

僕とダンガンロンパシリーズ

2016年1月、推理モノの有名シリーズということでPSPダンガンロンパ1に手を出す。かねてから購入を検討していたPS VITAと1・2 Reloadを同時購入する考えもあったものの、ダンロンシリーズが自分に合わなかった場合を考えPSP版の1を中古で購入。しかし杞憂に終わり1をクリア後、一目散に2を買いそれも一気にクリア。結局絶対絶望少女のためにVITAを購入し、アニメの3も視聴。V3は当初急いでやる気はなかったのだが、他人の購入報告を聞いていたら無性にプレイしたくなり数日遅れで購入、プレイ。

続きを読む

アンパンマンのマーチと赤鼻のトナカイ

子供向けの歌の歌詞には心に響くものも多い。

よく言われる例に『アンパンマンのマーチ』がある。

そうだ うれしいんだ 生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

なんのために 生まれて なにをして生きるのか
こたえられないなんて そんなのは いやだ!

今を生きる ことで 熱い こころ 燃える
だから 君は いくんだ ほほえんで

そうだ うれしいんだ 生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも

ああ アンパンマン やさしい 君は
いけ! みんなの夢 まもるため

みんなのヒーロー、アンパンマンの優しさを歌うと同時に、子供たち一人ひとりがアンパンマンなんだと呼びかける歌詞。そしてこれを聞く大人にまで背筋を伸ばさせる。

さすがは やなせたかしさんだと言わざるを得ない。

 

そして最近、素晴らしいと感じたのは『赤鼻のトナカイ』の歌詞。

真っ赤なお鼻のトナカイさんは
いつもみんなのわらいもの

でもその年のクリスマスの日
サンタのおじさんは言いました

暗い夜道はぴかぴかの
お前の鼻が役に立つのさ

いつも泣いてたトナカイさんは
今宵こそはとよろこびました

自分が短所だと思っていることは見方を変えれば長所にもなり得る。自分の嫌な部分やハンディキャップを前向きに捉えていこう。

子供の頃は額面通りの意味しか理解せず深く考えようともしなかったが、改めて見ると素晴らしい歌詞だ。

 

子供にもわかるような簡単な言葉というのは受け手の心に染み入りやすい。そしてそれぞれが自身の境遇に合わせた解釈をすることができる。

クリスマスが迫りこの曲を耳にすることが増え、ふと感じたことを書いてみた。

『阿澄佳奈 星空ひなたぼっこ DVD 6』を買った

『阿澄佳奈 星空ひなたぼっこ DVD 6』を購入したのでキャプ画付きでご紹介。

(松来さんのDVD紹介はこの先ものんびりやっていきます。まだまだあるので。)

インデックス

1. オープニング

2. 2015年8月10日放送 誕生日記念生放送 ゲスト:井口裕香 

3. 2015年8月24日放送 たまゆらスペシャル回 ゲスト:竹達彩奈、儀武ゆうこ

4. 2016年4月11日放送 ゲスト:大河元気

5. 撮り下し企画「ドキドキ ドライビング」ゲスト:井口裕香

6. エンディング

いつものDVDと同じく、通常放送回の高画質版に加えて撮りおろし映像が収録されています。あとは合間に阿澄さんの感想が挟まる形ですね。

今回はなんと免許取立てほやほやの阿澄さんが、運転に挑戦!

教習所卒業以来の運転で一体どうなる??

仲良しの井口裕香さんと一緒にLet'sドライビング♪

はい、完全にこれに惹かれました。なんてったっていぐもこの運転姿は本邦初公開!(だよね?)こりゃあ買わない手はないぜ!

 

DVDのオープニングは運転席から。

f:id:kakashigoto:20161112171303j:plain

 

ゲストの井口裕香さん登場!

阿澄「わたし全然乗ってないの」

井口「わたし週1くらいで乗ってる」

阿澄「……やばーい」

f:id:kakashigoto:20161112171841j:plain

 

インストラクターの木村さん。爽やかです。モテそう。

f:id:kakashigoto:20161112172940j:plain

 

ペーパードライバー講習ってことで車庫入れから。まずは井口さん。

井口「ブレーキって一番右側ですよね?」

木村「それアクセルです」

井口「やべえ!」

その間違いは確かにやべえ。

f:id:kakashigoto:20161112213518j:plain

 

続いてあすみんの番。

木村「まずは椅子を合わせていきまーす」

  「目安としては、こうブレーキをグッと踏んでみてください」

  「……そっちアクセルです」

撃沈するアスミス。まさかのいぐちと同じミス。

f:id:kakashigoto:20161112213526j:plain

 

車庫入れの後は敷地内をドライブです。前部座席で説明中、おちゃめいぐち登場。

f:id:kakashigoto:20161113125934g:plain

 

井口「もこちゃん、4キロだって」

f:id:kakashigoto:20161112213537j:plain

これ車内映像はiPhoneで撮ってるんですねー。全然わからなかった。DVDに収録する映像をスマホで撮れるなんて、技術の進歩は目覚ましい。

 

 

いぐもこの運転姿目当てに購入したわけですが、あすみんは慎重すぎてノロノロ運転、いぐちは割と無難にこなす。まぁイメージ通りでしたねw

残念だったのは、公道をドライブするもんだと思ってたら他の声優DVD でも見たお台場の施設だったことと、車庫入れの時も後部座席にもう一人を乗せればよかったのにってことと、いぐちは結局車庫入れのみだったことかな。あれ?結構あるな。

とはいうものの総合的には満足です!あと助手席に座れる木村さんむちゃくちゃ羨ましい!!!

 

あ、ちなみに「井口裕香のむ~~~ん⊂( ^ω^)⊃」とのコラボ公録の申し込みが28日消印有効なので今買えば間に合うと思います。

 

aandg.shop-pro.jp

松来未祐さんのDVDを紹介します② ~はりきり☆ラビリンス~

今日は、『松来未祐・阿澄佳奈 ~はりきり☆ラビリンス~』を紹介します。

ちなみにたぶん僕が初めて買った声優さんのDVDです。

 

まずは体育館で宝探し。

封筒をできるだけ多く見つけ、合計ポイントが多いほうが勝ちです。

f:id:kakashigoto:20161103214933j:plain

f:id:kakashigoto:20161103214934j:plain

 

松来さん「タッチ!鬼!」
阿澄さん「ま〜て〜よ〜!」

f:id:kakashigoto:20161103214958j:plain

 

果たして結果はどうなったのか、ネタバレはしませんが松来さんの表情だけご覧いただきましょう。 

f:id:kakashigoto:20161103215008j:plain

 

このDVDのメインと言っても過言ではない「松来未祐とバーチャルお見合い♪」

f:id:kakashigoto:20161103215019j:plain

f:id:kakashigoto:20161103215021j:plain

ほんとかわいい人ですよね。お母さん感もありますけど。

最後がギャグテイストになってしまうのは松来さんだから仕方がないのか。

 

こちらもファン必見の「阿澄佳奈とバーチャルカラオケ☆」

f:id:kakashigoto:20161103215032j:plain

f:id:kakashigoto:20161103215034j:plain

残念ながら歌っているところはほぼ静止画のスライドショーです。

 

オリジナル曲「Precious colors」のPVも収録されてます。

f:id:kakashigoto:20161103215050j:plain

f:id:kakashigoto:20161103215051j:plain

f:id:kakashigoto:20161103215052j:plain

f:id:kakashigoto:20161103215054j:plain

松来さんすごく綺麗です。なんか今見るとちょっと悲しいかも…。

 

そして松来さんお待ちかね(?)の給食の時間。このDVDの振り返りもしています。

りんごジュースを飲んで笑顔になる松来さん。この後むせます。

f:id:kakashigoto:20161103215147j:plain

 

エラムネを吹く松来さん。

f:id:kakashigoto:20161103215149j:plain

f:id:kakashigoto:20161103215150j:plain

 

おまけコーナーではメガネスーツカフェへ。 

焼きプリンをバーナーで炙るところを見守るお二人。

f:id:kakashigoto:20161103215229j:plain

店員さん「非常に熱くなっておりますので冷めてから…」

松来さん「今のは熱いから触れってフリなのかな?」

 

食べるお二人。

f:id:kakashigoto:20161103215230j:plain

f:id:kakashigoto:20161103215234j:plain

 

お見合いとカラオケの映像がすごく良くて、松来さんと阿澄さんのファンなら必見のDVDだと思います。食べる松来さんも見れますし。まぁこれから紹介するDVDではだいたい何かしら食べてるんですけどねw

ではまた!

 

松来未祐・阿澄佳奈 ~はりきり☆ラビリンス~ [DVD]
 

 

 

松来未祐さんのDVDを紹介します① ~ひだまりスケッチ関連~

声優の松来未祐さんが亡くなられたことが発表されてから今日でちょうど一年が経ちました。僕は、ラジオや番組での共演が多かった阿澄佳奈さんから松来さんを知りました。トーク越しにその人柄に触れ、自然にふんわりと大好きな存在だったので、その知らせを聞いた時の衝撃は一言では言い表せないものでした。

この日に何か書こうと思いましたが、松来さんのイベントに行ったこともない僕には長く語れるエピソードもありません。そこで、松来さんが顏出し出演しているDVDの中で僕が所持しているものを紹介することにします。最初は1つの記事にまとめようとしたのですが長くなりそうなので分けることにしました。先に断っておくと、昔のものやレアなDVDはありません。ただのレビュー記事と思ってもらえると気が楽です。

 

まず紹介するのはこちら!

ひだまりスケッチ×365 Vol.2 【完全生産限定版】

特典映像の「やまぎき高校美術科 社会科見学 ~シャフトでわっしょい~」に松来さんが出ています。シャフトの引越し祝いという名目で阿澄さんと2人で社会科見学に行くという内容。

当時まだ30歳の松来さんです。今の阿澄さんより若かったんだなあ…。

f:id:kakashigoto:20161103213727j:plain

 

社長への引越し祝いはブルータス。

f:id:kakashigoto:20161103213734j:plain

 

作画演出を行う人たちがいるルームでヒロさんの原画(でいいのかな)を拝見。

f:id:kakashigoto:20161103213900j:plain

 

鍋に注目する松来さん。

f:id:kakashigoto:20161103213915j:plain

 

この散らかってる様子、すごく「現場」って感じがします。

f:id:kakashigoto:20161103213930j:plain

f:id:kakashigoto:20161103213932j:plain

 

キャラデザの伊藤良明さんが登場!

f:id:kakashigoto:20161103213948j:plain

f:id:kakashigoto:20161103213949j:plain

 

パソコンで光の処理をするところ。

f:id:kakashigoto:20161103214009j:plain

 

演出の大沼心さん。

f:id:kakashigoto:20161103214017j:plain

 

監督の席に子供みたいなイタズラをする2人。

f:id:kakashigoto:20161103214028j:plain

 

シャフト見学が終わった後はシャフト各所で集めた戦利品の争奪ゲームです。

第一戦はDVDジャケットで神経衰弱。初っ端からひだまりじゃない。

f:id:kakashigoto:20161103214040j:plain

 

第二戦は松来さんのする吉野屋先生のジェスチャーを見て、どのシーンか当てるゲーム。全3問です。これは阿澄さん即答でした。

f:id:kakashigoto:20161103214051j:plain

 

第三戦のひだまりスケッチ対決では伊藤さんが再び登場。

1問目のお題は「校長先生」。まずはらすちゃん画伯の作品!

f:id:kakashigoto:20161103214058j:plain

 

伊藤さんは、当たり前だけどめっちょ上手い。

f:id:kakashigoto:20161103214107j:plain

ちなみにお題は2問目が「うめ先生」、3問目が「吉野屋先生」でした。

 

エンディングでは阿澄さんが「?でわっしょい」をシャフト内で踊ります。屋上やエントランスでも踊ってます。

f:id:kakashigoto:20161103214116j:plain

 

ひだまりスケッチ×365 Vol.2 【完全生産限定版】 [DVD]

ひだまりスケッチ×365 Vol.2 【完全生産限定版】 [DVD]

 

 

 

そして、松来さんの姿は映っていませんがひだまり関連からもう1つ、
「ひだまりスケッチ」ファンディスク/もうすぐ!「ひだまりスケッチ×☆☆☆」【完全生産限定版】』を紹介します。

このファンディスク恒例になっている「見えるひだまりラジオ」という映像付きラジオで、松来さんと阿澄さん・水橋かおりさん・新谷良子さん・後藤邑子さん・蒼樹うめ先生が勢揃い。パーソナリティの阿澄さんだけが顔出しで、ゆの・宮子・沙英・ヒロ・吉野屋先生・うめ先生(のぬいぐるみ)がゲストで喋ります。声はすれども姿は見えず。

あ、TBSのブタ(BooBo)もいます。松来さんが例のデブ声でアテレコしてます。

f:id:kakashigoto:20161103214126j:plain

 

吉野屋先生をブンブン振り回す阿澄さん、あの可愛らしい悲鳴を上げる松来さん。

f:id:kakashigoto:20161113125624g:plain

 

 

やっぱり皆さんお若く見えますね。明るく賑やか元気はつらつで僕のほうも明るい気持ちになれました。まだ時折悲しい気持ちにはなってしまうけど、このレビューを書くために映像を見返して少しでも気持ちの整理をつけられたらいいなと思います。

今回はDVD内で松来さんがアシスタント的な立場だったこともあり、阿澄さんが中心の記事になってしまってすみませんでしたー。

今回はここまで!また明日!